重点政策

私たち自民党県議団は、住んでよかったと思えるふるさと和歌山を創るため、県民のご意見を聞きながら次の分野に力を入れて議会活動を行ってまいります。

1.県経済の活性化
・農林水産業の振興、地産地消、紀州材の輸出
・中小企業対策、商店街対策、観光振興、和歌山大学観光系学部の設置、カジノ構想の推進
・職業訓練の充実、雇用推進、企業誘致
・地域資源の活用、メタンハイドレートの開発

2.安全・安心の社会づくり
・治安の維持、交番の設置
・地域医療体制の確立、救命救急医療センターの整備、医師不足の解消、紀北分院の高度化、健康づくり
・福祉施策の充実、障害者自立支援法の充実、障害者の雇用
・拉致被害者の救出
・人権擁護社会の建設、男女共同参画社会
・地籍調査の早期終了

3.環境にやさしい循環型社会の創造
・紀の国森づくり税の実施、森林の公益的所有制度
・省エネルギーと循環型社会の建設、紀南地方の廃棄物処理場

4.災害に強い県土の整備
・高速道路の延長、主要国道・県道の整備率向上、国道42号の渋滞対策、府県間道路整備、
和歌山北インター設置、熊野川河口大橋
・港湾振興、白浜空港の需要開拓、関西空港の振興
・フリーゲージトレイン導入、和歌山線の高度利用
・住宅の耐震化、避難路対策、南海道地震対策、地震対策条例、不法係留対策、常備消防の県内一本化
・高度情報化対策、ブロードバンドの整備

5.明日を担う人を育てる
・教育基本法の改正、こどもの安全対策、少子化対策、高校改革
・医師・看護師・助産師などの専門職を育成
・国体強化と2順目国体への準備

6.行財政改革の推進
・分権社会の推進、県の行財政改革推進、コスモパーク加太の利活用
・過疎対策
・国際交流と県経済の国際化
・市町村合併の推進、県営事業の負担金軽減

7.歴史と伝統を守る、新たな文化の創造
・世界遺産の活用
・特別措置法の制定

8.議員提案条例の積極提案
・観光振興条例、客引き禁止条例、景観条例、基本計画条例